ガキの頃、家にガサ入れがあった。
対象は親父のやってる仕事が法に触れたとかで、多分朝六時頃七人くらいの刑事が踏み込んできた。
親父 「家宅捜索令状を見せろ」
刑事A「これだ。文句あるか?」
親父 「家に入るなら一人ずつ身分証明書出せ」
刑事A「よーし、みんな手帳見せてから入れ」
刑事B・C・D・E・F「ハイ、了解」
刑事G「・・・・・」
親父 「お前、手帳持ってないな。じゃー入れられない」
刑事G「・・・・・」
刑事A「お前、忘れてきたのか?アホ、車で待ってろ」
刑事G「・・・分かりました。すいません」
そしてガサ入れは始まり、厨房だった俺のかばんまで開けて調べてた。
こん時、刑事にエロ本数冊(厨房らしからぬマニアックなもの)がベッドの下から発見されてしまった。
刑事は真顔でパラパラページをめくった後、元に戻した。
立ち会っていた親父は微動だにせず。
俺は死ぬるほど恥ずかしかった。
学校に行くんで家を出たら、少し離れたところに覆面パトが止まっていて、その中で警察手帳忘れた刑事がいびきかいて寝てた。
それを見て「こいつは後で同僚からエロ本の話聞くのかな?」なんて思った。

GD Star Rating
loading...
家宅捜索, 5.0 out of 5 based on 2 ratings