父はけっこう有名な企業の管理職。

しかし技術屋あがりな為、社内ではもっぱら作業着を着用。

仕事の合間にものんびりするのが苦手な性格なので、社内のトイレのドアが壊れてたら直したり、汚れたガラスを拭いて回ったりしてるらしい。

今の時期、新入社員が入って来るのだがエリート意識の強い奴らは、作業着でウロウロしてる父に対して

「邪魔だよオッサン」

とかわざとゴミ捨てて

「拾っとけよ」

とかすごく態度が横柄らしい。

「そういう奴が、上司と廊下を歩いて来た時が見物なんだよ。新入りが『またこの薄汚いオッサンが』みたいな目で見てる前でそいつの上司(課長~部長クラス)が『あ、○○専務(父の名前)!いつもお世話になっております!!!』とか、俺に平身低頭なワケ。その様子を見て、新入りのヤツら、もう目まん丸にしてビックリしてるわけよ。俺もここぞとばかりに偉そうに『おう××(課長~部長)、また麻雀教えてやるからな』とか言うわけ。『いやぁ○○専務はお強いから~お手柔らかに願いますよう~』なんて言ってる後ろで、俺にゴミ拾わせた若造はもう顔面蒼白でガクガクブルブルだよ、面白いのなんの」

お父さん、毎年毎年、新入社員を陥れるのはやめなさいよ…

「社員教育の一環だ」

とか言ってるけど、絶対面白がってるだけだよこの親父。

GD Star Rating
loading...
管理職の父が実践する新入社員への社員教育, 4.4 out of 5 based on 21 ratings