近所のアパートの大家さんから聞いた話。

その大家さんは、ちょっとした霊感があるらしく時々、変なものを見てしまうらしい。

そのアパートは3階建てで、1階に大家さんが住んでいる。

ある日の夜、大家さんが部屋でくつろいでいた時にふと、嫌な気配を感じたので、周囲を見回すと天井の角のところに、女の人がこっちを見ながら浮いていた。

あまりのことで、身動きとれずにいると、女は一言「違う」と言って、上の方にスーっと消えていった。

後日、3階に住んでいる大学生の男の子が、部屋のドアノブに髪の毛が、グルグル巻きつけてあったと、相談にきたらしいが
大家さんは自分が見た事は言えなかったようだ。

「あれは、生霊というものかもしれない」

と、大家さんは言っていました。

GD Star Rating
loading...
あれは生霊というものかもしれない, 4.0 out of 5 based on 5 ratings