ここ数ヶ月いろんな意味で忙しかった。

25で自営をはじめて10年ちょいやってきた店をたたんだ。

利益が出ず、嫁の収入が主な生活費になっていて、いつやめるかのタイミングをみていただけだったからな。

そんな俺を嫁は「13年間お疲れ様でした」と優しく迎えてくれた。

最後の2年くらいは全然仕事にならず、イライラして嫁に当り散らしたこともあった。

でも、そんな時でも嫁は俺のストレスのはけ口になってくれて、夜には抱きしめて眠ってくれた。

一時、共同経営してたやつに騙されて借金を負わされたとき、死のうと思ったこともあった。

色んなものが残ってたら嫁が俺を思い出してつらいだろうと思って、写真や身の回りモノを処分してた。

すると、嫁がそれに気づいてこういった。

「もし、本気で死ぬんなら私も一緒に連れてって。その代わり一週間だけ時間を頂戴。私も身の回りを整理してから死にたいから」

結局、その一週間の間に嫁と何度も話し合い、二人で乗り越えていこうと決心した。

あの時、嫁が気づいてくれなかったら、一週間待ってといわなかったら、俺は今ごろ死んでただろうな。

何度も泣きながら嫁と話し合ったのも、今じゃいい思い出だ。

この年で手に職もなく無職になったから、これから大変だろうけど、俺には嫁が残ってるから。

一番大切なものが残ってる以上、頑張っていこうと思う。

意味ワカラン文章スマソ。

明日から就職活動だ!

GD Star Rating
loading...
10年ちょいやってきた店をたたんだ, 4.3 out of 5 based on 4 ratings