うちの父親に起こったオカルトでし

父の母(祖母)はかなりのおにばばだったらしくて、母はいまだに苛められたことを話して聞かせてくれます

父は8人兄弟の末っ子(大正15年生まれ)なのですが末っ子なこともあって、かなり甘やかされて育ったみたいなんですよね

で、北海道の旭川市に御殿!と呼ばれるような立派な家をワシが6年生の頃立てまして、父と母が寝る部屋に父方の祖母と祖父の写真を飾ったんですよ

でか~い仏壇もあってねえ

ある夜のこと、父はこんな夢を見ました

くら~いところでだれもいない

そこへ祖母が現れて

「ワシといっしょに来い!」

・・と父を小脇に抱えて真っ暗な道をもうダッシュ!!

ちちは、うわあああああ!!!!

とあがいてもすごい力で逃げられなかった

そしたら、父の隣に寝ていた母があまりのうなされように

「おとうさん!おとうさん!!!」

って起したんだよ

そして、悪夢から覚めた父と母が祖母の遺影にすううう~っと帰っていく祖母を見たんだって。

次の日、祖母の遺影ははずされました。

父いわく「あんなによくしてやったのに、なんで俺をつれてくんだ!」って

思うに、母に起されなかったら父は死んでいたかもしれない。

あんまり恐くなくてスマソ

GD Star Rating
loading...