すぐに巻き爪になってしまう私。

1回目は小学6年生の夏で、爪が食い込んだ傷口からばい菌が入って 皮膚がグチュグチュに。(足の親指)

外科に行ったら

「これは爪を剥がさないとダメですね」

と言われ、爪の回りに麻酔の注射を3本射たれてから 爪を剥がされた。

しかも初めは半分だけって事だったのに、いざ剥がしてみると「あ~ゴメン。これは全部剥がさないとダメだわ」と。

その後 生皮膚の上に目の荒いガーゼを張り、その上に目の細かいガーゼを乗せて包帯を巻いてたんだけど、毎日消毒しなくてはいけなかった。

生皮膚にくっついたガーゼをイソジンで湿らせながら剥がすんだけど、これがかなり痛い。

しかも毎日…

そして8年後、再発。

同じ治療に悶絶…

さらに4年後、再々発…

もう勘弁してほしいです。

ぴったりくっついてる皮膚と爪をベリベリと剥がすんですよ。

かなり痛かった私は、麻酔がちゃんと効いてなかったのかもしれない。

3度目の時は形成外科に行って、端の方の組織ごと取ってもらった(食い込まないように爪の面積を小さくした)。

これはきちんと麻酔が効いてたようで、わりと平気だった。

それだけが救い。

GD Star Rating
loading...
すぐに巻き爪になってしまう私, 5.0 out of 5 based on 1 rating