和歌山の三畳敷でかなりギリギリのところまで行って、波を見物していた。

まだ中学生のときだったかな。

かなり遠く離れたところにいる人がわっと逃げ出したんだ。

びっくりして振り返ると、まだ遠いんだけど、結構高い波がやってきてた。

確実に俺らの呑み込まれる位置ぐらい。

スゲーあせった。

今から走って逃げても絶対間に合わないし、どうしようってオロオロしていたら、弟が、何を思ったのかだーっと海岸のほう、波の近くに走っていくんだよ。

エッって思って、慌ててあとを追うと、

「これ! これにつかまって!」

って、三畳敷に一体化して突き出た岩?をギューって抱きしめていた。

俺も慌てて真似をして、大きく息を吸い込んで、息を止めた。

波は大きくかぶった。

全身が波に飲み込まれて、そのあと、ものすごい力で沖のほうに戻っていった。

返り波っていうのかな、真っ白なスープみたいになった波。

あれ、ものすごい力だよ。

例えば海難事故に遭う怪談で、波を無数の小さな手によく喩えられる(ていうか小さい手そのものだったっていうか)ことが多いけど、本当にそう。

ひっぱられる。

ここで手を離したらマジやばいと思って、とにかくもう必死で岩をつかんでた。

波がひいたら全身びしょ濡れ。

そのへんにいた人は飲み込まれた俺らを見て死んだかも!と思ったらしくって、注目の的だった。

それにしても海コエー。

弟いなかったら俺確実に逃げ遅れて死んでたぜ。

GD Star Rating
loading...
和歌山の三畳敷で大波に呑まれた, 5.0 out of 5 based on 2 ratings