貧乏だったため、十年近く同じ扇風機を使っていた。

今日、その扇風機が不自然な壊れ方をした。

突然羽が折れたのだ。

毎年猛暑の度、

「もう少し頑張ってくれよな、相棒」

と俺が話しかけても、ひたすら首を横に振り続けた扇風機。

そんなことを思い出して、少し寂しくなった。

今年は経済的に少し余裕が出来ていたため、これを期にクーラーを買ってみることにした。

電車に乗って、チラシを見ながら某家電量販店に向かう。

その日は蒸し暑かったため、買い物ついでに少し、冷房の効いた店で涼んでいくことにした。

携帯を適当に眺めていたとき、不意に地面が揺れ出した。

後に知る事になるが、そのときの地震は震度6になる大地震だったらしい。

店内にいて事なきを得た俺だったが、もしあの日、扇風機が壊れていなかったとしたら。

怪我も無く家に帰れた俺は、箪笥の下で首を変な方向に曲げた扇風機が、俺にお帰りとでも言うように、首を振って待っているのを見た。

ありがとう、と俺は独り言のように呟いた。

扇風機は、その日初めて、首を縦に振ってくれた。

GD Star Rating
loading...
十年近く同じ扇風機を使っていた, 5.0 out of 5 based on 4 ratings