もしあの時、ああだったら・・・なんて後悔する事有りませんか?

こんな事考えても仕方ないのはわかっていますが悔やんでも悔やみきれないはなしをします。

やっと自転車に乗れるようになった小学2年生くらいの時の事です。

めずらしく隣に住む同級生の女の子から遊びの声がかかり、2人で林のなかを通る川原まで自転車で行こうということになりました。

さっさと行ってすぐに戻るつもりだったので親たちには言わずに出かけました。

いつも通るコースで池まで行き、途中誰にも会いませんでした。

川は雨の後で普段よりいっぱいの水であふれていました。

川原で変わった形の石などを集めて遊んでいました。

てに持ちきれないくらいの気に入った石を集めたそのときのことです。

いっしょに遊んでいた女の子が川の深みにはまってしまったのです。

流れは速く、あっという間に流されてしまいました。

僕は愕然として見送るしかありませんでした。

たすけを呼びに人がいるところまで行き、戻った時にはもう手遅れでした。

でも本当は僕には助ける事が出来たのです。

深みにハマってもがいている時に手を差し伸べていれば・・・しかし僕はそうしませんでした。

手に持っていたせっかく集めた石を手放したくなかったのです。

しょうもない理由ですがあの時僕は女の子より集めた石を優先させてしまいました。

うしろめたい気持ちで今でも悔やんでいます。

GD Star Rating
loading...
子供のころの後悔している事, 5.0 out of 5 based on 1 rating