小五の林間学校の時先生から聞いた話。

ある寺に3人の若者がやってきて、住職に以下のような昔話を聞く。

昔ある村に母子がすんでいた。

その親子は村八分にされていた。

ある日その母が村びとの一人から投石をうけて死んでしまう。

子は遺体を家に持って帰る。

気になった村人達が親子の家を覗いてみると、子の口から母の物らしい手がはみ出していた。

はなし終わった住職は、

『この話を聞くと三日以内に夜中に目がさめ、そのこどもがあらわれる。』

と言う。

若者達は一笑に伏して信じようとしなかった。

その日の夜、若者Aは夜中に目がさめ、天井一杯に広がった顔を見る。

次の日、B,CはAが死んだという知らせを受ける。

愕然とするCに、Bは大丈夫だと言って聞かせる。

その夜、Bは夜中に目がさめ、やはり天井一杯に広がった顔を見る。

翌日、CはBのことを知り、居てもたってもいられなくなり、住職に助けを乞いに行く。

住職は、『夜目がさめた時に、「バハーサル」と三回唱えろ。』といった。

三日目の夜、Cは夜中に目がさまし、天井一杯に広がった顔を見る。口からは血が一筋垂れている。

住職から聞いた呪文を試そうとしたが、口が動かない。

でも根性で三回唱えると、顔は消えていった。

オチもナンもない話でした。

この話を聞いた夜は、二段ベッドの上の段で寝たんだけど、本当に恐かった。

でも、いまでもこの呪文が気になってる。

なんなんだろ。

GD Star Rating
loading...
夜目がさめた時にある呪文を三回唱えろ, 5.0 out of 5 based on 1 rating