大阪市内でOL時代に体験した話。

どんより曇った夏の日、昼休みのぎりぎり終わりまで、喫茶店で雑誌を読んでて、急いで会社のある雑居ビルに戻り、エレベーターに駆け込もうと思ったら、中に乗ってる作業服を着たおっさんが、エレベーターの操作パネル(?)に手を伸ばして、扉を閉めてしまった。

「なんだよ、開けて待ってくれてもいいのに。」

と思いつつ、すぐにボタンを押して今度はおっさんになんだよ、と思われるのも嫌なので、しばらく待ってたけど、そのエレベーターは1階で止まったまま。

しびれを切らして、ボタンを押して扉を開けたら、おっさんがいない!しかも操作パネルはおっさんが手を伸ばしてたのと反対側にある!全身鳥肌たちました。

事務所に戻って騒いだら、他にも何人か作業服のおっさんの目撃者がいて、ビル建設中に事故で亡くなった作業員がいるらしいとの噂。

屋上に、供養の為か、祠が祭ってあるらしいけど、怖くて見に行かなかった。

GD Star Rating
loading...
エレベーターにいたはずの人がいない, 5.0 out of 5 based on 1 rating