そんなに怖くないんだけど、突然思い出した不思議な体験。

つーか体験っていうのかな?

俺が小学生低学年のころだったと思う。

夏休みに、毎年近所のそこそこ大きな商店街でお祭りがあった。

俺はお袋に連れられて、ワタアメとかタコ焼きとか食べるのが好きだったんだけど何より電気店のクジ引きがすごく楽しみだった。

1等がワイドテレビや冷蔵庫とかでさ。

それで、その年のお祭りはたまたま親父が仕事終わるの早くてさ弟も連れて3人で遊びに行ったんだよ。

で、いろいろ食べ歩いて電気店にクジ引きに行ったんだ。

もちろん親子3人スカのティッシュだったな。

その日はそのまま家に帰った。

次の日もお祭りはあった。

だいたい3日ばかり続くものでしょ?

親父は仕事が休みで、昨日のことで疲れたのか覚えている限りずっと寝ながらテレビ見てたと思うよ。

ここで強調したいのは、親父は一歩も外に出ていないってことだ。

お袋もね。

俺も家で弟と遊んでた。

確かあれは辺りが暗くなってきたころだっただろうか。

クジ引きの電気店の人(親父の顔見知りでもある)が大きな段ボール抱えてやってきたんだよ。

「今年はお宅が当てるなんて! 改めておめでとう!」

なんて玄関先で言われて、両親ポカーンとしてるんだよ。

段ボールには最新式の冷蔵庫が入ってたんだからさ(偶然か? 我が家の冷蔵庫は故障していた)

電気店の人に言わせれば親父が今日クジ引きで1等を当てた、それで後で配達してくれるよう親父が言ったんだってさ。

ありえないでしょ、そんなの。

家族全員、一歩も外出すらしていないんだから。

親父がクジ引きなんてできるはずがない。

結局、「ご苦労様です」とか言って冷蔵庫をもらっちゃったんだけど両親そろって首かしげてた。

親父には双子の兄弟なんかいないから見間違えるなんてこともない。

それに、後で我が家に届けるようにも言っている。

不自然なことだらけだ。

クジを引いた親父は何者だったのだろう。

例の冷蔵庫は、別の県に引っ越す時に捨ててしまった。

以上、長文・駄文スンマソ。

GD Star Rating
loading...
電気店のクジ引き, 5.0 out of 5 based on 1 rating