俺が工房のときの話。

その日の夜はなかなか寝付けなかった。

翌日授業があるから早めに寝なきゃまずいと思ってはいたんだが、どんなに頑張っても眠れやしない。

闇の中で途方にくれていると、次第に夜の静けさが気になってきた。

何と言うか、静かすぎて逆に何かが聞こえてくるような気がした。

その時、本当に音が聞こえてきた。

始めは微かな音(サー…とかザー…とか)だったから単なる耳鳴りだと思っていたのだが、次第に大勢の人が談笑しているような音になってきた。

声は遠ざかったり近くなったりした。

丁度、部屋の中をぐるぐると旋回しているようだった。

声は俺の真上で一層大きくなり、俺を圧倒するように、たたみ掛けるように騒ぎ立てた。

あまりの騒々しさと恐怖から、

「消えてくれ、もう勘弁してくれ」

と念じて目をつぶっていた俺の頭を、

誰かの手が、

   バンッ!!!!

と布団に押し付けた。

そのままの姿勢で身動き取れなくなった俺は(目開けたら幽霊見てまうと思った)、気がついたら朝を迎えていた。

部屋には誰もおらず、荒らされた形跡もなかった。

結局あれは何だったんだろうと。単なる疲れすぎだろうか。

GD Star Rating
loading...
単なる耳鳴りだと思っていたのだが、次第に大勢の人が談笑しているような音になってきた, 5.0 out of 5 based on 1 rating