家の旦那はアメリカ人で、陣痛室に旦那と実母が付き添ってくれて、2人が一生懸命、腰を擦ってくれていました。

旦那は擦りながら

「カモンベイビー!カモンベイビー!」

と叫ぶ中、私は五十肩の母を気遣って

「ダァ~ダァ~おがあざんっ!大丈夫っ!おがあざん大丈夫っ!」

と叫び、旦那に

「ヘイッ!ユ~!」

と突っ込まれながらも

「肛門プッシュ~!肛門プ(ry」

と一生分の肛門を連呼し、いざブンブン台へ…

ハイ、いきんで~!の時に目を瞑ってしまってたので、助産婦さんに目を開けてっ!とキツく言われたので、目は絶対に瞑っちゃイカンのだ!と思い、目を見開いて瞬きする事無く一点集中。

目の前には、天井の蛍光灯が見え、そこには「東芝」の文字が…

目を見開きながら

「グギギギギギィ~東芝ぁ~!ハァハァハァ~グギギギギギィ~東(ry」

と、東芝と連呼する裸足のゲンがブンブン台に居た。

そして、最後のフィニッシュの時に

「グギギギギギィ~!カモン東芝ぁぁ~!」

と、何故かベイビーではなく東芝。

助産婦さんに爆笑され

「2人目の時は、ナショナルに変えとくね!ハイ東芝ちゃんお腹に乗せるよ~」

と言われ、我に返り凄く恥ずかしかったです。

その後、東芝はスクスク育ってます。

GD Star Rating
loading...
カモンベイビー!カモンベイビー!, 5.0 out of 5 based on 2 ratings