友人(Aとします)の話です。

Aには愛用の自転車がありました。

それを飛ばして学校へと来ていましたが、ある日派手に転倒してぶっ壊れたそうです。

それからと言うもの、しばらくAは早起きして、歩きで登校していました。(この間相当愚痴ってました)

それからまた、幾日か経ったある日のことです。

自転車で登校してきたAと、校門で鉢合わせになりました。

Aは新しい自転車に乗っていました。

私は

「ついにあの自転車捨てたのかw」

と言い、茶化しました。

しかしAはちょっと嫌そうな顔で、

「捨てたのは捨てたけど、お前が思ってるような理由じゃない」

と言いました。

気になった私は、詳しく話を聞きました。

Aは、自転車が壊れてしまってから数日後に、自分のそれが修理されている事に気付いたそうです。

(なんと彼は、壊れた自転車を家まで持って帰っていた)

それはかなり荒っぽい修理で、『機械には弱いけど、頑張って直したよ』というような仕上がりだったらしく、辺りには部品のような物も落ちていました。

無論、Aの知る人物でそれをした者はいません。

では一体誰が・・・?

A曰くその時、

「もう、かなり嫌な感じがした」

そうです。

それは、夜、自分の自転車置き場から妙な音が聞こえてきた事で、確信へと変わりました。

Aは彼の父親に説明し、2人で恐る恐る見に行ったそうです。

そこに居たのは、手が血だらけになった中年の女性でした。

女性は、こちらに気付く様子も無く、Aの自転車を一生懸命直しています。

手の怪我は、慣れない工具を扱ったためだろう、とAは推測していました。

とにかく訳が分からず、

「はあ・・・?」

と思った2人が近付こうとすると、 女性はそれに気付いたようで、

「えええええええエーーーーーーっ!?」

とものすごい驚いたような声を上げ、工具をほっぽり出して、小走りで走っていったそうです。

残されたのは、血が所々に付着した自分の自転車・・・不気味すぎて追いかける気にもならなかったそうです。

その後、Aの父親が調べた所によると、Aの自宅から少し離れた所に、小さな自転車修理屋を経営している夫婦が居たそうです。

夫が亡くなってからは店を閉めたそうですが、その後の妻の行方がわからない。

実家に帰ったのだろうか、いずれにせよ、その2人はとても仲が良かったそうです。

もしかしたら彼女ではないか・・・という事でした。

新しい自転車に買い換えてからは、何も起きなくなったそうで、私は安心しました。

「だから捨てたんだよ。俺の気持ちも分かるだろ?」

とAは言いました。

私は、迷い無く頷きました。

GD Star Rating
loading...
自転車がいつの間にか直っていた, 5.0 out of 5 based on 1 rating