私自身まだ信じられないことなのですが、実際にこの身に起こった事なので書き込ませてください。

出身は北陸でしたが、私は物心つく前から色々なところを転々としていました。

それというのも、借金取りに追われているわけでもないのに、まるで何かから逃げるように、両親が昼夜問わずで夜逃げまがいの引越しを繰り返している所為でした。

小さな頃から行く先々で除霊師や霊能力者に相談し、そのたびに首を横に振られていたのを覚えています。

頻繁な引越しに終止符が打たれたのは、私が働ける年になったのと同時に、母が病に倒れたからです。

心労から来るものでした。

父も

「これ以上引越しをするのは無理だ」

と言い、

「母さんだけ奴らに渡すわけにはいかない」

などと言っていました。

幼い頃何度も引越しの理由を聞きましたが、その話題になるたびに両親が無言になり、 また食い下がれば、普段はやさしい母が狂ったように怒鳴るので聞けませんでした。

母が倒れた後、私は理由を聞かずとも悟ることになりました。

一箇所に留まるようになって、半年以上経った頃だったと思います。

始めは気のせいだと思っていたのですが、何処からともなく重い金具を引き摺るような音が聞こえてきたのです。

がしゃん、がしゃん、と。

それもたくさん。

日に日に近付いてきている事を父に言うと、すっかりやつれた父が、

「そうか…お前だけ逃げてもいいんだぞ」

と言います。

一箇所に留まる事をしなかった私達家族に帰る場所などなく、私は何があっても父と一緒に居る事に決めました。

その頃母は

「あまりに暴れる」

と言われ、通常の病棟から、重度の精神病患者が入れられてしまう病室に移されていました。

父も見る間に痩せて、いつも何かに怯えるように、目をギラギラさせながら過ごす事が多くなりました。

そんなある日の朝、いつもよりも多くあの音が聞こえた日の事です。

父が突然

「A子!逃げろ!」

と叫んで私をたたき起こし、家から追い出したのです。

何がなんだか分からずぽかんとしていると、家の中からあの音が大量に聞こえてきて、まるで家の中に、びっしり鎧武者が歩いているように感じました。

家の中からは血の匂いも漂ってきます。

切羽詰った父の『逃げろ』の言葉と、その音が怖く、気付くと私は始、発電車に乗って隣の市街まで出ていました。

パジャマのまま、しかもサンダルでです。

どうする事も出来ず寒さに震えながら、灯りのついているお店に入りました。

当然お財布など持っていなかったので、ただ入るだけでした。

日が昇り始めた頃、不審に思ったのか店員さんが話し掛けてきました。

何も言えない私を見て、店員さんは優しく諭しながら、暖かい飲み物を奢ってくださいました。

失礼ながら店員さんは、パっと見男か女か分からないような方でした。

ただ優しく、あと少しで仕事が終わるので、その後警察に連れて行ってくれると言いましたが、私は断りました。

警察に行っても意味などないからです。

その時、またあの音が聞こえました。

逃げようとした私の腕を店員さんが掴んだので、驚いて顔を見ると、店員さんも驚いた顔で私を見ていました。

どうやら店員さんにも、私が聞いているのと同じ音が聞こえているようでした。

今までそんなことがなかったので、驚きと、不謹慎ではありますが僅かな嬉しさがありました。

それでも店員さんに迷惑をかけるといけないので、手短に話をして離れようとしました。

しかし店員さんは、友人になんとかできる心当たりがあると言って、私に説得してきます。

今思えば、彼が悪人でないという保障はなかったけれど、その時の私は、飲み物の温かさと、彼にも音が聞こえたという安心感で、何も考える事はできませんでした。

その安心感を信じた事が、私にとっての幸いでした。

彼が紹介してくれたのは、彼よりも少し若い男性に見えましたが、彼よりも落ち着いていて、 私を見るなりにっこり笑って、

「今まで辛かったですね」

と言ったのです。

その途端に涙が溢れました。

泣きながら今まであったことを告げると、少年は無言で頷いて、店員さんに色々指示を出していました。

(あまり覚えていないのですが、塩、水、月、という単語が聞こえました)

店員さんは少年にしぶしぶという感じで従いながらも、泣いている私を慰めようとしてか、明るい歌を歌ってくれました。

気付くと、少年の言う『処置』は終わっていました。

泣きながらその場に居るだけだった私には、何を行っていたのか分かりませんでしたが、それが終わる直前に、大量の血の匂いと、恐ろしいほどの鎧の音が聞こえたのは確かでした。

終わってすぐに、私は家に電話をしましたがつながりません。

店員さんは学校をわざわざ休んで、私と一緒に家まで来てくれました。

家の中に父は居ませんでした。

ただ、昔の人が履くような藁の履物の跡が家中にびっしりあって、それこそ踏み場もないような状態だったのです。

震える私を支えながら、店員さんが家中を探しましたが、やはり父はおりませんでした。

どことなく血生臭さも感じました。

それ以来私は、あの音も血の匂いも感じません。

父はいまだに見つかりませんが、母は暴れるのを止めたらしく、近々通常の病棟に移ることが出来、うまくいけば、年越しは家で迎えることができるそうです。

母が退院をしたら、店員さんや少年にお礼をしたいと思っています。

今でもあの音や血の匂いの原因はわかりません。

母が落ち着いたら改めて聞いてみようと思います。

長々と失礼致しました。

GD Star Rating
loading...
私たち家族はあるものに追われ色々なところを転々としていました, 4.5 out of 5 based on 2 ratings