俺の知り合いに、みえる人がいる。

その友人自体も、俺からしたらなんか怪しいやつなんだが、たまに奇妙な眉唾ものの体験談を聞かせてくれる。

これはその友人が、某所で占い師をやっていたときの話。

「お前占いなんて出来るのか」

と驚いたが、本人曰く

「簡単。見えたの言うだけ。あれでお金取るの悪い気がするね」

と、なんか怒られそうなことサラッと言ってくれた。

友人はある駅の側で、小さな机にそれらしい水晶玉置いて、それらしい格好して、少しの間だが占い師をやっていたらしい。

水晶玉は通販で買ったとか・・・。

最初のうちは客なんてまったく来なかったそうだが、見料500円という比較的安いお値段のためか、暇つぶしっぽい人がちらほらと来るようになったらしい。

「かなりリーズナブルなお値段なはず。同業者から文句言われそうだけど」

「リーズナブル、というかお前、お金取ってやってたのか」

という抗議はスルーされた。

「その客の中で、スゴイのが来たんだよ。目の前に座ってきた時、あーこれは料金設定失敗したな、と思った」

「どうスゴかったんだ?取り憑かれてたか?」

「いや、なんというかな。ヨレヨレのスーツ着たサラリーマン風の男で、顔面蒼白で、酔っ払いみたいな足取りで」

「なんか重病だな。占いというより、病院紹介してやった方が良さそうな」

「そうかもなぁ。でも、もう死んでたし、病院は意味なかったろうなぁ」

「はぁ!?」

思わず素っ頓狂な声を出してしまった。

どうやら友人は、死人相手に占いをしたと言う。

本当かどうか怪しい気もしたが、面白そうなので大人しく話を聞くことにした。

「その客が、こんなこと言うんだ。『占い師さん、俺のこと見てくんねぇか』って。まったく困ったよ。だって未来は見れないだろうしさ」

「ちょっとしたブラックジョークだよなぁ。それじゃ、言ってやったのか?『あなたもう死んでるから、未来ありませんよ』って・・・」

「言おうと思ったが、なんというか、取りあえず見てみることにした」

「見たのか・・・」

「まぁね。でも、水晶玉見つめてみたけど、なんにも見えなかった」

「そりゃ、通販で買ったものだからじゃ・・・?」

「いやいや、普通の人のならアレで大丈夫。まぁ、簡単な占いレベルなら、ただのガラス玉でも良いのだろうね」

まぢですか・・・とか思いながら続きを聞く。

「仕方ないからカード使おうと思ったけど、なんか確実に良くないカードでるって分かったから、止めておいた」

「思いっきり死神とか引きそうだな。よく知らないが」

「まぁそんな感じ。それで、どうしようかな~と水晶玉見ながら考えたさ」

「難しい顔しながら水晶玉見ていたわけか。お客を誤魔化すには良さそうだな」

「そこで思いついたのさ。そうだ、死んだ時のことを思い出させよう、と」

「んん?見る方法を思いついたんじゃないのか?」

「それもよかったのだけど、やっぱりちゃんと成仏してくれないとヤバイからさ。ほら、悪霊とかになったら大変だし」

「ただ見る方法が思いつかなかっただけじゃ・・・」

「そんなことは、ない。まったくない。疑うな」

どうやら見るのは諦めたようでした。

「それで色々質問してみた。 『いつからここに居るのか』『ここにどうやって来たのか』『どこに行くつもりなのか』と。 そうしたら結構簡単に分かったよ。 ここには会社に行く途中に通りかかったらしい。 『信号がどうしても渡れない、急いでいるのに・・・』って、困った様子だった。 『なんとかしてくれと誰かに頼みたいのに、誰も振り向いてくれない』と」

「あの駅の側かぁ・・・何か事故でもあったのかな?」

「後で調べたら、2ヶ月くらい前に交通事故があって、通勤途中の男性が死んでる」

「なるほど、それか。で、どうしたんだ?」

「こう言ったよ。 『あの信号を渡る必要はありませんよ。会社に行く必要もない。 あなたには他に行かなければならない所がある』ってそこの信号機の下に花が置いてあったから、『そこに行って花に触れなさい。そして、自分の名前を声に出して言いなさい』と言ったよ」

「ふーむ、なんかのおまじないか?」

「まぁそんなようなものかな。その花は、その人のために置かれたものだと思ったからさ」

「それで無事に?死んでるのに無事っていうのも変な話か」

「うん。信号機の所で、すーっと消えたよ。ちょっと供養もしておいた」

その後、友人は新しい花を買ってそこに置き、お祈りしてきたらしい。

「いやぁ、ほんと、慣れない事はするものじゃないね」

「あー、まったくだ。なんで占いなんてやろうと思ったんだ?」

「なんか良くない?『美少女占い師』って。ミステリアスっていうか、なんというかグッとくるでしょ」

『美』なのかどうかは人の好みだが、確実に『少女』ではない。

という突っ込みはやめておいて、調子にのっている友人に他の点を攻めてみた。

「でも、一度見ようとして諦めて、結局普通に成仏させて終わった訳だな」

単純な友人は少しカチンときたらしい。

それでか、渋々とこんなことを言った。

「実を言うと、見えなかった訳じゃない」

また強がりを、と思いつつ、嫌味半分で聞いてみる。

「そら凄いねぇ、どうやって見たんだ?それで一体何が見えた?死んだ人の未来には」

「直に見た。死んだ人を直視なんて二度としたくないけど。次やったら、私死ぬかも」

ちょっと後悔してるような素振り。

死んだ人の目の奥を覗き込むことなんで、俺にはできない。

そしてこう言った。

「何が見えたかは言えない。正確に言うと、覚えてない。きっと覚えていてはいけないことだったと思う。 生きている人間が知ってはいけないこと。生きている世界にある言葉では、表現できないことだと思う」

長い付き合いの友人は、そう言って話を締めくくった。

そして講釈代とか言って、その日の飲み代を奢らされた。

GD Star Rating
loading...
死んだ人を占うと…, 5.0 out of 5 based on 2 ratings